離婚財産分与

離婚財産分与

人気No.1教材

離婚財産分与

 

 

離婚後の財産分与とは、夫婦互いの財産を精算、分けることです。

 

 

妻が仕事しているしていないに拘らず、財産は大体半分に分け与えられます。
独身時代の貯金、財産は該当しない。夫婦の共有名義になっているものが基本。

 

 

定年を迎えているのならば、退職金も財産に含まれます。
なので、退職金も夫と妻で分けられます。
その退職金を分け与えられることが、熟年離婚の増加理由と考えられています。
また、年金も財産に該当します。
持ち家をどちらかが、そのまま住居として使う場合はその分の金銭を分けることも。

 

 

財産分与というのは、慰謝料や養育費とは別問題です。
大体、離婚について双方の合意がとれていれば、協議で財産分与についても話し合います。
しかし、財産分与について意見が分かれえる場合は弁護士を仲介に入れることがあります。
ですが、弁護士費用がかかるので、大体は二人で決めることが多いようです。

 

 

離婚するならこちらのマニュアルで
離婚調停を有利に進める方法を知ってからにしてください。

 

 

知っているのと知らないのとでは得られる結果が全く異なります。
離婚を考えているあなたはきっと参考になると思います。

 

⇒ 詳細はこちら

 

 

人気ノウハウの総合ランキング
⇒ 詳細はこちら

 

知らないと損するノウハウ満載。今すぐチェック。

 

 

 

 

離婚 人気ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位
seo great banner