離婚するには

離婚するには

人気No.1教材

離婚するには

 

 

離婚届けに離婚理由の記載は必要ありません。
離婚理由を記載するのは調停離婚をする時の調停申立書。

 

つまり離婚するには、協議離婚(夫婦が離婚することに合意)であれば、
離婚届を提出するだけで、離婚が成立します。
但し、子供が居る場合は親権者をどちらにするかを離婚届に記載することになります。

 

 

子供が居れば、親権問題などもある。
また、財産分与・慰謝料・養育費と金銭の問題もあります。
それらを全て要さないというなら、簡単に離婚は出来ます。
金銭・子供の問題がある限り、離婚するには時間が掛かります。
もしくは離婚後に持ち越す場合も。

 

 

婚姻よりも離婚の方が書類などの提出物、申請することが多くなります。
「離婚後はけじめをつけたい」
そういう方は別居状態から始まり、金銭などの問題を解決してから正式に
離婚する方が多いです。

 

 

離婚を有利に進めるためには、どうしたら有利になるかを知る必要があります。
こちらのマニュアルには離婚調停を有利に進めるための具体的な方法が
詳しく紹介されています。

 

知っているの知らないのとでは大きなさができてしまいます。
離婚を真剣に考えているならまずはこちらをで有利に進める方法を知ってください。

 

⇒ 詳細はこちら

 

 

人気ノウハウの総合ランキング
⇒ 詳細はこちら

 

知らないと損するノウハウ満載。今すぐチェック。

 

 

 

 

離婚 人気ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位
seo great banner